「リアルな人物の顔」の描き方について解説していきますが、

 

「目」「鼻」「口」の描き方については別の記事で詳しくまとめていますので、本記事では描き方の詳細は多少割愛させてもらう部分もあります。

 

解説の中でそれぞれの描き方の記事リンクを貼っておきましたので、そちらを参考にしてみて下さい。

 

 

必要な道具は、

 

  • 10Bの鉛筆
  • 4Bの鉛筆
  • シャーペン
  • 電動消しゴム
  • ノック式消しゴム
  • さっぴつ
  • ティッシュ
  • 顔の資料

 

※顔の写真参考サイト

O-DAN 足成 ptohoAC 写真検索さん

 

ちなみにほぼ10Bで描きました。

 

 

描き方 「リアルな人物」

私はリアル系の絵を描くなら、ちゃっちゃとトレースをすることをおすすめしています。

 

結果的に素晴らしい絵に仕上がればそれで良いのだと思っていますので。トレースのやり方は以下の記事でまとめています。

 

 

理想のモデルを探し、トレースダウンします。

 

 

10Bの鉛筆で目から描いていきます。やはり目から描くのが一番その後のバランスを取りやすいと思います。

 

「目の描き方」の注意点、ポイントは以下の記事で詳しくまとめていますので一読願います。

 

 

目じりの辺りは鉛筆をかなり寝かせた状態でおうとつを意識しつつ影を付けていきます。

そして、人差し指にティッシュを巻き付けぼかしていきます。

 

 

電動消しゴムを使い粒のような小さい光を表現していきます。紙を描きやすい方向にグルグル回転させて描いていって下さい。

 

目の下のシワもできる限り忠実に描いていきます。

 

次に10B、4B、シャーペンで鼻を描いていきます。

「鼻の描き方」のコツは以下の記事を参照願います。

 

 

目からつながら影をある程度描いたら、鼻の穴を10Bで濃く描いていきます。

 

この方が濃さの基準ができますので、その他の鼻の部位との対比になり描きやすくなります。穴の下をさっぴつを使ってぼかしていきます。

 

 

少し進みますが、下の画像で示した矢印のように、顔のふくらみがどうなっているかじっくり被写体を見ながら「顔の面」を表現していきます。

 

10B、4Bを寝かせてやさしく「面」描いていき、ティッシュ、綿棒、さっぴつでぼかしていきます。

 

 

次に「口」を描いていきます。

 

口の基本的な描き方はこちらです。

 

今回の被写体の顔の中で一番難解なパーツが「口」でした。上唇に無数のシワがあります。

 

手順としては、10Bで先に真ん中の線を描き、その後大まかに「目立つシワ」を描いていって、それらをガイドにしつつ、徐々にアプローチしていくという流れしかなさそうです。

 

根気との勝負です。

 

 

ある程度、シワの線を引いたら電動消しゴムも駆使してさらに細かい描写をしていきます。

 

 

あらゆる道具を駆使して、ある程度の形までもってこれたらひとまず良しとします。

 

重要な補足
口のシワに限らずこういった「細かすぎる描写」(例えば象の皮膚のような無数のひび割れ等の描写)をする時の一つの考えとして、
「寸分違わず正確に描写する必要まではない」ということです。

 

もちろん神経質なぐらい正確な描写ができれば、当然被写体通りの迫力ある絵に仕上がることは仕上がりますが、

 

絵の場合「時間」「1作品に要する体力、精神力」というものに限りがあるわけです。

従って「寸分違わず正確に描く」となるとスーパーリアリズムの世界でない限り、非効率過ぎる描き方になってしまいます。

 

ですので「時間」「1作品に要する体力、精神力」、それらの兼ね合いを考慮して進めた場合、

例えば今回の口のシワだったら、しっかり陰影のポイントを押さえ「誰がみても自然な口のシワ」に見えればもうそれで良いわけです。
効率を意識しながら描くことも非常に大切です。

 

 

下唇も繊細に描いていきます。

 

どんどん描き進めていきます。

頬のような「広い面」を描写していると、どうしても鉛筆特有の「筋っぽい感じ」がでてきてしまいます。

 

その「筋っぽい感じ」を抑える為には、白く空白になった細かな空間部分をピンポイントでシャーペンや鉛筆で、円を描くように埋めていくとだいぶ効果があります。

 

さっぴつやティッシュも多用してみてください。

 

 

顔に限らず、鉛筆で何かの形を表現するには絶対に「濃さ」を乗せなければなりません。濃さがあるから形がハッキリしてきて「鼻」だの「口」だのと、物体を認識できるようになるわけです。

 

そこで、被写体通りの濃さが乗っているかどうかを確認するための効果的な方法の一つとして、絵を「逆さ」にして見てみるということです。

 

 

 

人間の目は長時間同じ物を見ていると慣れが生じてきてしまい、被写体との濃さの違いが認識しづらくなってきてしまいます。

 

一度、絵と被写体を逆さにして見てみて下さい。驚くほど見え方が変わってくるはずです。描写漏れなども再確認できます。

 

最後に狂ったように描き込み、微調整をして完成となります。

 

 

 

制作時間は40時間程です。

 

これからは色鉛筆画も並行して進めていく予定です。

 

Twitterでフォローしよう