「夢の中の人物」を絵にする画家 Keigo N

人物画家のKeigo Nです。

 

主に鉛筆、色鉛筆を使って人物画を描いています。

 

 

私は昔から「夢」をよく見る性分でした。

 

一日に何話も見ることもあり、精神状態によっては「悪夢」を見ることも度々ありました。

 

 

そして決まって夢に出てくるのが「奇妙な人物」達でした。

 

寂しげな表情をした老婆・・・

 

うつむき加減の少女・・・

 

こういった「奇妙な人物」たちは,毎回私に何か言いたそうな表情、素振りを見せては、私が近づくとすーっと消えていなくなってしまいます・・・。

 

私のその時の何かの精神状態の現れなのか・・・よくわかりませんが儚く消えていってしまいます・・・。

 

私はこういった「夢で出会う人物」達を普段からライフワークとしている「絵」に残し、記憶に留めておこうと思うようになりました。

 

そして徐々に私の中で色々なものが淘汰されていき、今現在の画風が確立されました。

 

「夢」が無ければ私の絵は生まれませんでした。

 

 

昔は本当に絵が下手でした。19歳の時ですらこんな奇妙な絵を描いて結構満足していました。

 

私は29歳から夜間の絵の専門学校に通い始めたのですが、それまでは、絵は好きでもあくまで趣味としてとらえていました。

 

しかし、29歳の時、仕事で地獄を見て以来、限りある人生、好きな道を選ぼうと考え絵の道を志すことを決めました。

 

そして、描きたい画風を追及していこうと心に決めました。

 

描きたくない画風の絵を描いたこともありましたが、もうつまらない生き方は辞めました。

 

これからは心の中の全てを絵に投影していこうと思います。

 

 

 

ここ最近は良い意味で画風が変化していっています。茶系で統一したセピア色の人物画を描くようになりました。

 

 

 

 

 

趣味で人物の模写もしています。

 

 

 

 

 

今後の展望

 

under construction・・・