「即効性」を重視した絵、イラストのモチベーションを上昇させる3つのコツをお伝えします。

 

私もよく実践している方法です。

 

モチベーション上昇のコツ1 「過去の作品を見返す」

 

「モチベーションが上がらない・・・」という時の大きな原因の一つとして、自分の絵、イラストの方向性を見失っているということがよくあります。

 

これは作品が増えてくるにつれて誰にでも起こる心理現象です。

 

そんな時は、「過去の気に入っている作品」をいくつか引っ張り出してきてひたすら眺めてみてください。

 

そうすると、そもそもなぜあなたがその作品を気に入っているのか?というコアの部分が少しづつ見えてくるようになります。

 

どの部分が好きでお気に入り作品にエントリーしているのか?

どんな描き始めならモチベーションが上がるのか?

どんな制作過程で描いてきたのか?

 

 

そしてこれらの本質的な感覚を呼び起こすと、

 

改めて「自分のスタイルはこれなのだ、こういう絵を描きたくて今までやってきたのだ」

 

という見失っていた「原点」に帰ることができます。そうすればすぐにモチベーションも取り戻せるはずです。

 

 

調子の良い時のメンタルを呼び起こし、うまく自分を波に乗せていきましょう。

 

モチベーション上昇のコツ2 「PATREON(パトロン)になる」

私は以前に、月額10ドルで尊敬するアーティストの「PATREON(パトロン)」になったことがありました。

 

この「PATREON(パトロン)」というシステムは、主に画家やミュージシャン等のアーティストが経済的支援を受ける為に作られたプラットフォームの1つです。

 

主にそのアーティストのWebyoutubeから申し込み画面に進めます。

 

 

私は「PATREON(パトロン)」になったことで、そのアーティストが普段使っている道具描き方の技術など、とてつもなく貴重な情報を得ました。

 

 

このように、経済的支援をすることでそれと引き換えに、通常では知り得ない有益な情報を配信してくれるアーティストも中にはいます。

 

 

そして私は、その仕入れた貴重な情報を元に自分なりに分析、実践を繰り返し、メキメキとモチベーションを上げながら絵を制作したという過去がありました。

 

今までのやり方では知り得なかった「生の情報」をつかめれば、絵描きとしてアドレナリンが大量分泌されモチベーション上昇につながることは間違いないでしょう。

 

モチベーション上昇のコツ3 「とりあえずトレースで描き始める」

 

とりあえず何か理想の写真を探してコピーし、トレースで描き始めてみてください。

 

手を動かすことでしか絵は始まらないので、そういった意味では根本的な前進にはつながるはずです。

 

ある程度、強引なやり方ではありますが「即効性」という意味ではこれ以上のモチベーション上昇の方法は見つからないのではないでしょうか。

 

トレースとはコピーした写真を上からなぞり線を転写させる技法の一つなのですが、モチベーションが上がらず手が動かないのなら、とりあえずはトレースで描き始め強引にでも手を動かしてみるというのも時には効果的な手段だと考えます。

 

私はよくトレースを利用します。

 

ちなみにトレースのやり方はこちらの記事でまとめています。

 

 

絵のジャンルによってはトレースは合わないという場合もあるかもしれませんが、とりあえずは何も考えずにトレースで描き始めてみることで意外な発想につながることも充分に考えられます。

 

 

まとめ

どうしても絵、イラストを描くモチベーションが上がらないという時は、あえて2週間ぐらい絵を描くことをやめてみましょう。

 

そして、尊敬する絵描きの動画をひたすら見続けて下さい。

 

そうすると、自然と描きたくてたまらないという欲望が湧いてくるはずです。その欲望こそがあなたが「生粋の絵描き」である何よりの証拠です。

 

 

その欲望すら湧いてこなければ・・・残念ながら「生粋の絵描き」ではないのでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事