現在、夢を追いながら何かのバイトをしているという人は大勢いると思います。

 

自分に合ったバイト・・・

合わないけど仕方なくやっているバイト・・・

夢に役立つバイト・・・

役立たないバイト・・・

 

色々なケースがあると思いますが、私が考える夢を追うのに適したバイトは、

 

「適度に人と話ができるバイト」です。

 

なぜそう思うのかと言うと、私は現在ガソリンスタンドの夜勤のバイトをやっていますが、

 

夜勤なので完全な一人勤務ということもあり、余計なことを考えこんでしましまうのです。

 

「これからどうなるのか・・・」

「親はいつまで生きているか・・・」

「もう40歳だし病気になってもおかしくない歳だ」

等々・・・。

 

一人なので気楽は気楽なのですが、もう7年間夜勤をやっているので「考え込む癖」というものが完全に染みついてしまったようです。

 

少しでも合間ができれば良くない方向に考えが及んでしまいます。スマホを見ても、本を読んでも結局は悪い考えが頭を支配します。

 

負のループです。

 

そしてこの負のループによって、「苛立ち」も引き起こされます。

 

昔の友達とのいざこざを思い出し、猛烈に腹が立ったり、バイト仲間との対したことない会話の中でも無意識に「とげ」のようなものを感じ、

 

無駄に腹が立ったりと、もうめちゃくちゃくな精神状態になります。そして怒り疲れた時にようやく

 

「あぁ・・・俺は何を一人で怒り狂っていたんだ・・・」と我に返り、その頃にちょうど朝が来て夜勤が終了となります。

 

これの繰り返しの毎日です。これの繰り返しの7年間です。

 

 

自分は本当にわがままな生き物だとつくづく感じます。一人で気楽に仕事をしたくて乙4の免許を取り、スタンドの夜勤を始めたのに、

 

 

数年経ったら今度は人が恋しくなってきたようです。負のループを止めてくれる「会話」が恋しいのです。

 

 

昔通っていた専門学校の先生がボソッと何かの拍子に「人間は適度に気楽な性格が一番、世の中うまく渡っていける」と言ってしましたが、

 

今ぐらいの歳になってようやく・・・ようやく、その意味がわかるようになりました。

 

これから、夢の為にアルバイトをしようと考えている人は出来るだけ、「適度に人と話ができるバイト」を探してみることをおすすめします。

 

そんなうまいバイトあるか・・・と思うかもしれませんが、探せば色々な「隙間的なバイト」が見つかるはずですので、

 

色々と調査してみて下さい。

 

 

まあ、私は色々なしがらみからまだ夜勤を辞めるわけにはいきませんが・・・あと少しで色々と変わります・・・。

 

その時は近い。

 

 

Twitterでフォローしよう