初めてベトナムに一人旅に行くという人に伝えておきたい注意点をいくつかお話します。

 

まず、ベトナムの空港からホテルまでの往復の送迎サービスを付けておくことをお勧めします。

 

日本を出国して6時間ほどの空の移動の後は肉体的、精神的にぐったり疲れている状態です。その疲れた状態で現地のタクシーを探すとなるとボッタくりのタクシー会社をチョイスしてしまう可能性もあります。

 

確かにベトナムで信頼のおける2大タクシー会社に「ビナサンタクシー」「マイリンタクシー」がありますが、すぐに都合良く見つかるとも限りませんし、私はビナサンタクシーに乗って見事に金を奪われました。

 

その時の話はこちら。

 

ということは結局、タクシーに乗る場合は常に警戒をしておかなければならないということになります。疲れた状態で気を張るというのも中々しんどいことです。

 

確かに「GRAB」という配車アプリを使うのもおすすめですが、送迎サービスをつけておけば帰りの出国時、ホテルまでワゴンで迎えに来てくれるので非常に便利です。寝過ごして飛行機に乗り過ごしてしまうということもありません。そう考えると往復だけは別料金の送迎を頼むことをお勧めします。3000円~3500円ぐらいで送迎サービスに加入できます。

 

 

次の注意点は、札束は「小さい額」「大きい額」と分けて持っておくということです。

 

 

ベトナムの通貨「ドン」は桁が物凄く大きいです。500円が「100000ドン」です。その為、事前に意識をしておいても、いざ支払いとなると必ずこんがらがってしまうタイミングがあります。そういう時に高額の札をベトナム人に見せるとバっと奪われてしまうことがあります。

 

 

一度、奪われるとベトナム人も中々金を返しませんので注意が必要です。

 

 

次は注意点というか次回ベトナム一人旅に行く時の私の願望でもあるのですが、「日本人経営の宿に泊まる」ということです。

 

「海外に来てまで日本を感じたくない」という気持ちも大いにわかりますが、あえて1回目は日本人宿に泊まってみるというのも面白いのではないかと思います。

 

以下の宿は、日本人が経営していてスタッフのベトナム人も全員日本語がペラペラだそうです。現地のお店の情報やツアーも組めるようで初めての一人旅には最適の宿ではないでしょうか。海外に行った場合、何と言っても言葉が通じるということ以上の幸せはないと思います。

 

1回目のベトナム旅行で味をしめたのなら、次は普通の宿を予約して今度はガッツリベトナム気分を味わうというのもありではないでしょうか。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事