私は約11年間、絵を描いてきました。

 

本当に山あり谷ありでした。色々な画材にも手を付けてきてしまいました。

 

これから絵を学ぶ人は絶対に早い段階で一つの画材に絞って絵を描いていった方が良いです。

 

その辺りの話は下の記事でまとめています。

 

私は今までの絵描き人生の中で、ある「絵のパターン」に気付きました。おそらく絵描き万人に通じる考えなのではないでしょうか。

 

それは「うまく描けた次の作品は必ず失敗する」というものです。

 

私はこのパターンを何度も経験してきました。嫌という程味わいました。

 

なぜ、こんなパターンに陥ってしまうのか?過去を振り返りつつ考えてみました。

 

私は基本、リアル系の人物画を今まで描いてきました。そして苦労してそれなりの大作を描き上げ、納得しひとまず安心します。

 

そうすると、自分を過信してしまう心が生まれるのです。良い作品が描けたことにより、安心し自分の成長を感じおごってしまうのです。

 

おそらくリアル系の絵を描く人にはこの傾向が強いのではないかと思うのです。

 

喜びから絶望に引き戻される感覚です。この時に「自分はまだまだだなあ」と落ち込み、現実に引き戻されます。

 

絵を途中で諦めてしまう人は、まさにここで絵から遠ざかってしまうのではないかと思うのです。

 

逆を言えば、ここが絵描き人生を長く続けられるかどうかの分岐点だと感じます。

 

この絶望をどう捉えるか?バネににできるか重荷に感じるかの違いです。

 

私は思いっきり前者の方で、自分に足りないものは何か?常に考えながら絵に立ち向かってきました。

 

何とか絵描きを続けてこれました。

 

 

元々、根性はある方なのでうまく乗り越えてこれましたが、一つ「重要な気付き」があったからです。

 

それはまさに冒頭でも話した「うまく描けた次の作品は必ず失敗する」という法則を絵描き人生の中盤あたりで気付けたからに他なりません。

 

自分がどういう時に良い絵がかけるか、どんな時に失敗するかを常に念頭に抱き続けられたからです。

 

「うまく描けた後は、ほぼ必ず失敗する」この法則に気付けたことで私の絵描き人生は豊かなものになりました。

 

今回はこの日記のような文章を読んでくれいているあなたには、この法則を意識して絵を頑張っていってもらいたいと強く願います。

 

 

Twitterでフォローしよう