当メルマガコミュニティ【人物画製造所】で実現できることは・・・

 

鉛筆で「私と同等のリアルな人物画」を描けるようになる。

描く度に絵が楽しくなる。

リアル画を習得したことにより、その後どんな画風にも落とし込めるようになる。

全ての基本となる画材「鉛筆」をマスターできる。

リアル画を習得し絶対的な【優越感】を味わうことができる。

 

初めまして、鉛筆画メルマガコミュニティ「人物画製造所」を運営している鉛筆画家のKeigo N(本名:中原啓吾)です。

 

 

私は19歳ぐらいの頃でもこんな絵を描いて割と満足をしていました・・・。

 

そして上達の速度も本当に遅かったです・・・。

 

 

その理由は「考えながら描いていなかったから」に他なりません。

 

しかし、どうやって描けば「上手い絵」に仕上がるのか、ということを意識しながら描き始めてからは、

 

「遠回りをしない描き方」を身に付けることが出来ました。

 

今ではこのレベルなら安定して描ける画力が身に付きました。

 

改めまして鉛筆画メルマガコミュニティ「人物画製造所」は、

 

「鉛筆でのリアルな人物の描き方」

「面白い人物の描き方」

 

に焦点を当て、絵に関する有益な情報を配信していくことを目的としたアートコミュニティです。

 

コミュニティ最大の理念は、

「あなたの鉛筆を使った【人物画】の画力を私と同等まで引き上げること」になります。

 

私が全力でサポートをします。

 

 

私は出来もしない誇大広告は絶対に掲げません。よって「私以上の技術」を教えることは出来ません。

 

しかし、単純に「私の持ち得る技術」なら当然教えることは可能です。

 

もちろん努力は必須となりますが。

 

 

鉛筆画メルマガコミュニティ【人物画製造所】に興味のある人は以下【無料登録】フォームから登録をどうぞ。

 

つまらなければすぐに解除もできますので。

 



人物画製造所メルマガフォーム
メールアドレス  *

※登録することで、不審なメールや迷惑メールが届いたりすることは絶対ありませんので100%ご安心下さい。解除も無料ですぐにできます。

 

※登録して頂いたメールアドレスは当方【中原啓吾】によって正しく管理することを宣言します。

 

※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かないケースがありますので、メールシステムで受信設定をしておいてください。

受信設定方法は以下です。

https://autobiz.jp/mobile/manual.html

 

 

当コミュニティは「デッサン講座」ではありません。

 

あくまで写真=「資料」を見ながら「リアルな人物を描くこと」に重きを置きつつ「技術的な支え」となれるような役割を考えております。

 

あなたの画力向上の為の最大限のバックアップをしていくつもりです。

 

コミュニティとしてどんな情報を配信しているのか?

 

例えば・・・

 

 

 

 

 

鉛筆でリアルな人物を描く上で役に立つ情報を無料で配信しています。

 

ブログ内には掲載していない情報も多数配信しています。

 

そして、【3つの登録特典】も用意しました。

 

 

絵に関する多くのサイトは、あくまで テキスト中心で「描き方の外側」ふわっと解説しているだけのサイトが多いように見受けられます。

 

従って私は、実際の「鉛筆の持ち方」「鉛筆の芯先」「手の動かし方」など、

 

初級者の方が疑問に感じている基礎の部分をピンポイントで伝えていきたいと強く感じるようになりました。

 

そこで私は初級者の方でも可能な限り、 「再現性を持って描いてもらえるような環境を作りたい」と考え、描き方のチュートリアルを一括にまとめた、

 

「描き方のマニュアルサイト」 を作成しました。

 

 

テキスト、画像、動画にて描き方の詳細を密に解説した描き方のマニュアルサイトを用意しました。 勿論24時間いつでも閲覧可能です。

 

これからどんどんコンテンツを 増やしていく予定です。

 

まだデザイン性、ユーザビリティに乏しいですが・・・。いずれ改善していく予定です。

 

 

リアルな人物を描く上で今まで私が培ってきた、

「肌の描写 重要な5つのポイント」

「すぐ実践できる上達のコツ」

「描き方をルーティン化することの重要性」

「描く以外の重要な外部要因」

 

についてメルマガにて【5ステップ講座】として配信いたします。

 

コミュニティページと合わせて活用してもらえれば、正しい方向で技術を向上させることができるはずです。

 

 

冒頭でも述べたように、当コミュニティ最大の理念は「あなたの画力を私と同等まで引き上げること」になります。

 

よって、私までのレベルでしたら、あなたの人物画の画力を引き上げることは充分に可能です。 勿論、努力は必須ですが。

 

今でしたら、鉛筆で描いた人物画の作品添削を無料で行っています。

 

あなたの画力向上の為、今何が必要かをアドバイスします。 お気軽にお問い合わせ下さい。

 

私の技術以上の質問に関しては正直に、「すいません、わかりません」というお返事を させてもらいます。

 

 

鉛筆画メルマガコミュニティ【人物画製造所】に興味のある人は以下【無料登録】フォームから登録をどうぞ。

 

つまらなければすぐに解除もできますので。

 



人物画製造所メルマガフォーム
メールアドレス  *

 

※登録することで、不審なメールや迷惑メールが届いたりすることは絶対ありませんので100%ご安心下さい。解除も無料ですぐにできます。

 

※登録して頂いたメールアドレスは当方【中原啓吾】によって正しく管理することを宣言します。

 

※iCloudやezwebのアドレスはメールが届かないケースがありますので、メールシステムで受信設定をしておいてください。

 

受信設定方法は以下です。

https://autobiz.jp/mobile/manual.html

 

PS,

人物模写は「才能」ではありません。

 

ピカソやダリのような「独創的な絵画」ということになれば、それは「才能」ということになってくるのだと思いますが、

 

模写は字のごとく「模して写す」わけなので、写し取ることに「才能」も何もありません。

 

大事なのは最適な「進め方」「やり方」です。もっと言えば自由度より「規則性」を優先させることです。

 

初級者の方でも大丈夫。

 

上述した通り出来るだけ「遠回りをしない描き方」を私がお伝えしていきますので。

 

【3つの無料バックアップ】で最大限のサポートをしていきます。

 

Keigo N(中原啓吾)

 

 

Profile
userimg
Keigo N
私は小さい頃から絵が好きでした。

そしてなぜか「夢」をよく見る性分でした。良い夢・・・悪い夢・・・一日で3話分ほど見ることもありました。

20代前半の頃から急に「不思議な人物」達が夢の中に登場するようになりました。

寂しげな表情をする老婆やうつむき加減の少女など・・・。

こうした夢の中に映し出された「不思議な人物」達を絵に投影しようと考え、現在の画風が確立されました。

29歳から本格的に絵の道を志し、イラストの専門学校の夜間コースに通い始める。当初はイラストレーターを目指していたが、自分本来の画風はイラストレーションには合わないことに気付き、38歳から本格的に鉛筆画をメインとした画家に転向し現在に至る。

夢で見た映像をできるだけ忠実に絵に投影するよう日々心掛けている。

鉛筆画、色鉛筆画をメインに描いています。

「リアルな人物の描き方」を初級者の方へ伝えるべく鉛筆画コミュニティ「人物画製造所」運営開始。