私は逆境が好きです。

 

到底無理だろうと思われるイメージを絵にしてきました。できる人にはたやすいことかもしれませんが。

下の絵も約250時間かけて描きました。

 

私はだいぶ変わり者です。決して悪い人間ではありません。

 

変わり者ゆえに、膨大な時間をかけ細密画を描いてこれたのだろうと思うのです。

 

そして、変わり者ゆえに逆境が好きなのです。

 

大変なことにチャレンジしている自分自身に興奮を覚え、高みに到達した自分を想像すると燃えてくるのです。

 

今もまさにこのブログを執筆することで情報を発信し、自分の存在を色々な人に知ってもらいたいと考え頑張っています。

 

変わり者であるがゆえに、人並み以上の継続力があると自負しています。

 

その辺の話は以下の記事を読んでみて下さい。

 

 

大学受験では一浪しました。その時も一日8時間は最低でも勉強していました。

 

英単語も死ぬほど覚えました。現役の頃は全くと言っていいほど勉強をしてこなかったので、

 

その苦境が逆にバネとなり、一年間の浪人生活を乗り切ることができました。その結果、東京造形大学に合格できました。

 

仕事面でも、IT業をしていた頃、非常に難しいポジションを任されたことがありました。

 

皆が敬遠するしごとですが、やるとなったら食らいつこうと思い、休みの日も必死に業務のことを勉強しました。

 

その時の上司が中々・・・面倒な人間だったのですが、精神的に追い込まれながらも何とか業務はしっかりこなしてきました。

 

その上司に関してはこちらの話も読んでみて下さい。

 

 

 

とにかく私は今までの人生、逆境に立ち向かっていくことで人間性を形成し、人生を形どってきたのだなあと感じるのです。

 

こういう意識があったからこそ、今の画力を手に入れることができたし、豊かな絵描き人生を送れているのだと思うのです。

 

おそらくこれからの人生でも容赦なく逆境が私の前に立ちはだかると思いますが、そのたびに自分を鼓舞しながら戦っていこうと考えています。

 

なぜなら逆境の先には必ず、喜びが待っているということをわかっているからです。

 

人生とは先を予想しながら生きていくことで、スムーズに進んでいくはずです。これから先に障害がるということを最初に意識し、準備を整えておけば怖いものは何もありません。

 

これからもどんどん逆境と戦っていきます。

人物画創造所メルマガフォーム
メールアドレス  *

【鉛筆画家 Keigo N】

Twitterでフォローしよう