人物画をメインに描いているKeigo Nです。

 

 

 

リアルな人物模写について・・・

 

実際の描き方は、以下の記事で色々と解説していますので是非読んでみて下さい。

 

 

 

今回は鉛筆で人物模写をする上で、描く以外で重要な「考え方」について、お話していきます。

 

3分程で完読できると思います。

 

【人物模写】考え方1「顔を描いている」という意識を忘れる

 

「顔を描いている」という意識を一旦、忘れることです。

 

なぜかというと、人間は無意識のうちに

 

「目は大体こんなかんじだろう」

「耳は大体こんなかんじだろう」

 

という既存の意識が働く為、予想先行」で描いてしまうからです。

 

 

 

昔通っていた絵の専門学校の講師にも、「見たまま、そのままの形を描きましょう」

 

と言われました。その時は真意がよくわかりませんでしたが、

 

一定の画力を身に付けた今では、その意味を肌で感じられるようになりました。

 

 

例えば「頬」を描く時も、「頬」として見るのではなく、

 

目の前にある「ただのふくらみ」として捉え、あるがままをそのまま描いていくということです。

 

「見たまま」を描く感覚です。

 

この意識のもと描いていった連続で「一つのリアルな顔」が出来上がっていくわけです。

 

「結果的に顔になっていた」ぐらいの流れを生み出せれば理想的です。

 

 

何のフィルターも通さず「そのまま」を描いていければ、画力向上の速度がどんどん加速していくはずです。

 

 

【人物模写】考え方2 模写は絵というよりも「作業」

 

 

普段のオリジナル作品を描く時は自由に手を動かしながら描いていくことと思います。

 

それで全く問題ないと思います。

 

しかし、写真の通りに似せて描くことが大前提となる「模写」に限っては、

 

自由にやりたいように手を動かしてしまうと、当然写真通りの正確な絵は描けないわけです。

 

つまり「模写」をする場合は、あえて自由度を外し、いかに「規則性を優先させながら描いてくか」

 

ということが肝になってくるわけです。

 

「模写が上達しない・・・」と悩んでいる人はまず、

 

「模写」と「オリジナル作品」を別物として分けて考えるところから始めると、

 

幾分スムーズな発進ができるかもしれません。

 

 

まとめ

結局の所・・・、何作品も描いて努力して体でおぼえていくしかありません。突き放すようですが揺るぎない事実です。

 

ただ努力にも「正しい最短の道筋」というものがあります。仕事やスポーツでも同じことが言えます。

 

よく「努力は必ず報われる」と言いますが、間違った闇雲な努力は報われません。

 

なぜなら的を外れているからです。物事に作用していないからです。

 

 

そうなってしまっては、もはや「時間の浪費」・・・いや「人生の浪費」と言っても過言ではない状況に陥ってしまいます。

 

 

そうならない為にも、

 

絵の初級者の方から見れば、少しだけ前を進んでいる自分が、

 

間違った方向にだけは進ませないような「描き方のアドバイス」が何かできると思います。

 

気になった方は、こちらを見てみて下さい。決して怪しいセミナーのようなものではありませんので。

 

Twitterでフォローしよう