絵のジャンルの中でも一番シンプルなジャンルが鉛筆画です。私も基本鉛筆画を描いています。

※この絵はペンと木炭も使っています。

 

鉛筆画は揃える道具もシンプルですし、筆も水も必要ありません。少しの道具と紙だけです。初心者の人が揃える最初の道具と作品の保管方法をご紹介します。

 

始めにリストで道具を紹介します。

  • シャーペン
  • 鉛筆(10B、4B、2B、HB、H)
  • 練りゴム
  • ノック式消しゴム
  • 綿棒
  • イラストレーションボード
  • 保護スプレー

 

それではそれぞれの道具の使い方、特性を解説していきます。

 

道具1 「シャーペン」

 

普通のシャーペンです。私はたまたま形が恰好良かったので300円ぐらいの高めのシャーペンを買いましたが少し前までは100円のシャーペンを使っていました。芯の太さなど色々ありますが気にしなくていいと思います。

 

私はまずは描きたい絵のイメージが決まったらシャーペンで普通ぐらいの筆圧で描いてきます。

 

形が決まらないうちから濃い鉛筆で描いてしまうと紙が汚くなってしまうので、芯の細いシャーペンで描き始めるというだけです。

 

HBぐらいの鉛筆で描き始めても良いと思いますが、個人的にはシャーペンの方が削る手間も省けますし、鉛筆の場合やさしく描いてもどうしてもシャーペンよりかは濃さがでてしまう為、跡が残りやすいです。

 

シャーペンは途中段階や仕上げ段階でも細かい描写の時は随所で使いますので絶対あった方が良いです。

 

道具2 「10B、4B、2B、HB、Hの鉛筆」

 

個人的に鉛筆画は濃さで魅力が引き立つと思っていますので、一番濃い10Bの鉛筆をメインで使っています。一番濃いと言っても筆圧を弱めにすれば5Bぐらいまでの濃さも十分表現できますので。うまく描けても薄い鉛筆画だとどうしても「惜しい絵」になってしまいます。それならば多少輪郭等がずれても「豪快な濃い鉛筆画」の方が魅力的です。

 

メーカーはユニです。ユニの中でも「ハイユニ」→「ユニ」→「ユニスター」とグレードがあるようですが、やはりこの「ハイユニ」が一番描き心地がなめらかです。ただメインの10B意外はほとんど「ユニ」を使っています。「ユニ」でも十分描きやすいと思います。

 

4B、2Bは人物画の薄い影等を描く時、HBは輪郭線をはっきり描く時、Hは固い質感のガラスや金属のような固い物を描く時にたまに使います。デッサンでビンや陶器のようなカチッとしたものを描く時はH、2Hぐらいを使うと質感が出せます。「H」に関しては初めのうちはH、HBぐらいがあれば十分だと思います。

 

鉛筆の種類
鉛筆には10B(濃い)~10H(硬い、薄い)の種類がありますが、初めのうちは全ての種類をそろえる必要は無いと思います。
ただ一からデッサンを学びたいという人は10B~5Hぐらいまでを一気に揃えてしまうというのもありかもしれません。

 

補足

ちなみに「ステッドラー」というドイツのメーカーの8Bも持っていますが、こちらは明らかにヌメっとしていて水っ気があるような描き心地で自分には全く合わなかったのですぐに使うのをやめました。ただ他のアイテムで「ステッドラー」の商品はよく使っています。

 

道具3 「練りゴム」

 

どこにでも売っている練りゴムです。練りゴムは例えば、顔を描いていて「頬の部分を濃く描き過ぎたから、頬全体を一段階薄くしたい」と思った場合に重宝します。適した形に変形させて、軽く押さえつけるような消し方をすることで適度に鉛筆の黒を吸い取るように消すことができます。固形の消しゴムではこういった濃さの微調整は難しいです。

 

道具4 「ノック式消しゴム」

 

「ノック式消しゴム トンボホルダー型消しゴム モノゼロ EH-KUR11」です。

 

この消しゴムはシャーペンと同じような形状でカチカチ押すことで消しゴムを出して使います。私は3年半程前にこの消しゴムの存在を知り購入したのですが、このノック式消しゴムのおかげで劇的に絵が変化しました。

 

どんなジャンルの鉛筆画を描くにしても「細かい描写」をするタイミングがあると思いますが、そういった時に抜群の力を発揮してくれるのがこのノック式消しゴムです。

 

私は老婆のシワや建物の細かい描写をする時「この部分だけスーっと一本明るいラインを入れたい」という場面でこのノック式消しゴムを使うとくっきりと明暗を際立たせることができます。

 

 

さらに超極細の明るいラインを描きたい時、例えば、髪の毛の一本一本を表現したい時等は、消しゴムの先をハサミで斜めにカットし鋭角にしてからその先端で髪の毛を表現したりします。色々な場面で使えますので、確実に画力が向上します。もちろん詰め替え用の替え芯もあります。

 

 

 

道具5 「綿棒」

 

ぼかす時に使います。私はかなり多用します。ただ使うタイミングとして、まずは鉛筆でしっかり対象を描き込んでから要所要所で綿棒やティッシュでぼかしていくと効果的です。全体的にボケた絵になってしまうという人は鉛筆での描写が足りず、綿棒やティッシュを多用し過ぎだと思われます。

 

紙 「イラストレーションボード」

 

 

絵の参考サイトを見ていると「紙の紹介」で色々な紙を紹介し過ぎていて逆に迷ってしまうなあという印象を受けました。

 

私はmuse(ミューズ)というメーカーのイラストレーションボードを使っています。

 

このイラストレーションボードはケント紙が貼られている厚みのあるボードで、ボードというだけあって厚みがあり、1mm~2mmぐらいの範囲で厚みを選べます。私は1mmのものを使っていますが、これは好みで良いと思います。ただのケント紙の厚みがあるバージョンという認識で良いと思います。

 

私は鉛筆画だけでなく、ペン画、アクリル画も含め50作品はこのmuseのイラストボードで絵を描いてきましたが、使いづらいと思ったことは一度もありません。

 

また個人的にはペラペラなケント紙よりも厚みのあるイラストレーションボードの方が作品としての愛着が湧きます。

 

 

保護スプレー 「フィキサチーフ」

 

絵が完成したら外でフィキサチーフという保護スプレーをかけます。細かい使用方法は商品の注意書きを読んでもらえればと思いますが、だいたいどのフィキサチーフも10秒程振ってから2往復ぐらい吹きかけるだけです。

 

 

保管方法

フィキサチーフをかけて10分程経過して乾いたら、先程のイラストレーションボードの袋に再び戻し平置きで保管するだけです。

 

厚みのあるイラストレーションボードなので数枚重ねる程度なら紙が曲がってしまうということもありません。これもイラストレーションボードの良さだと思っています。

 

私は上の画像のように10枚ぐらい重ねて置いていて、8年ぐらい保管している鉛筆画もありますが何の劣化もしていません。画材によっては通気性の良い所で保管した方が良い等色々あるようですが。

 

 

鉛筆画の魅力は「濃さ」

最後に「濃さ」について少し話をさせて下さい。

最近は絵を個人サイトやブログやSNS等のネットメディアに掲載することが多くなってきていると思いますが、そうなると当然データとしてアップしなければならない為スキャンを取ることになるのですが、その場合そもそもの鉛筆の濃さが一定の濃さに達していないとスキャンした時、細部まで絵が読み取れないといった問題が発生します。

 

画像加工ソフトphotoshopで濃さの補正ができなくもないですがそれにも限界があります。

 

従ってどんなに良い絵を描いても濃さが足りなければとても惜しい絵になってしまいます。私も以前何度も色の薄い鉛筆画を描いてしまいスキャンを取るたびに色を塗り重ねた経験があります。

 

従って、普段「ゴールにしている濃さ」よりも2段階ぐらい濃く描く習慣を付けてみるとスキャンもスムーズにいきますし、鉛筆画としての凄みも増すようになると思います。

 

スキャンの仕方、スキャンデータへの加工方法についてはこちらの記事をどうぞ。

 

これから「絵を学ぶ」という人は、まず始めにある程度鉛筆画を極めてみて、その後に油絵、水彩画等それぞれがやりたい方向に進んでいくというのも面白いのではないでしょうか。

 

そうすれば突然油絵、水彩画を始めるよりも確実に学び安くなっていると思いますので。

 

おすすめの記事