人物模写を続けていて最近思うことは、人物模写は絵というより「事務的なもの」ということです。

 

人物模写を長く続けていればそう思ってしまうのも無理はないと思いますし、ある意味前向きにも捉えられることだと感じます。

 

まず人物模写は「自由度」がないものです。

 

オリジナル作品は自由に好きなように手を動かしながら進めていくものだと思いますが、

 

人物模写は規則性とリズムを意識して「流れ」で描いていくものなのです。

 

普段の癖をあえて外し、ロボットのように毎作品おなじリズムで描いていくようなルーティン性が求められます。

 

 

その為、どうしても「事務的なもの」になってしまうのです。

 

 

ただ「事務的なもの」と感じられるならば、ある意味正しい「人物模写の道筋を歩んでいる」ということも言えると思います。

 

なぜなら「自由度をなくし規則性を優先できている」ということにもなると思うので。

 

人物模写は「オリジナル作品とは別物」なのです。

 

これを模写初級者の方に一番伝えたいです。

 

人物模写が苦手だった昔の自分を振り返ってもここを混同していたなと感じます。

 

模写は字のごとく「模して写す」ということになるので、写真の通りに描くということが大前提となるわけです。

 

その為には、当然自由に好きに手を動かしていては模して写すことはできないわけです。

 

写真と差異が出ます。

 

現在の私はある程度の人物模写の技術は習得できた自信はあります。事務的な流れを体が覚えられたからです。

 

そして、事務的な流れを自分の中でさらに細分化し、全てを「ルーティン化」できたからだと感じます。

 

 

ルーティン化とは、使う道具も毎回同じ、描く順序も毎回同じ、描く環境も毎回同じにして、

 

リズム感を出すことです。

 

 

ルーティン化を意識することで、毎回ブレずに同じリズムで描いていくことが出来るようになるわけです。

 

 

と言っても初級者の人が、いきなりルーティン化を意識するのも難しいと思いますので、

 

 

徐々に自分の心地よいスタイルを固めていってもらえればと大丈夫です。

 

 

例えば簡単なところで、使いやすいと感じる鉛筆のメーカーで全ての濃さをそろえるとか、

 

 

使いやすい紙で毎回固定するとか、楽に削れる電動鉛筆削りを取り入れてみるとか、描くモデルをとりあえず若い女性で毎回固定するとか、

 

 

そういった日頃のちょっとした意識を徐々に固定化していくと自分に合ったルーティンが見つかるはずです。

 

 

描いていく中でも、あなた特有の「気づき」が生まれた場合は常にメモに残しておくようにすると良いと思います。

 

とりあえず長く描き続けてみて下さい。

 

Twitterでフォローしよう