「夢の中の人物」を絵にする鉛筆画家 Keigo N

鉛筆画家のKeigo N(本名:中原啓吾)です。

 

主に鉛筆、色鉛筆を使って人物画を描いています。

 

 

私は昔から「夢」をよく見る性分でした。

 

一日に何話も見ることもあり、精神状態によっては「悪夢」を見ることも度々ありました。

 

 

そして決まって夢に出てくるのが「奇妙な人物」達でした。

 

寂しげな表情をした老婆・・・

 

うつむき加減の少女・・・

 

こういった「奇妙な人物」たちは,毎回私に何か言いたそうな表情、素振りを見せては、私が近づくとすーっと消えていなくなってしまいます・・・。

 

私のその時の何かの精神状態の現れなのか・・・よくわかりませんが儚く消えていってしまいます・・・。

 

私はこういった「夢で出会う人物」達を普段からライフワークとしている「絵」に残し、記憶に留めておこうと思うようになりました。

 

そして徐々に私の中で色々なものが淘汰されていき、今現在の画風が確立されました。

 

「夢」が無ければ私の絵は生まれませんでした。

 

 

昔は本当に絵が下手でした。19歳の時ですらこんな奇妙な絵を描いて結構満足していました。

 

私は29歳から夜間の絵の専門学校に通い始めたのですが、それまでは、絵は好きでもあくまで趣味としてとらえていました。

 

しかし、29歳の時、仕事で地獄を見て以来、限りある人生、好きな道を選ぼうと考え絵の道を志すことを決めました。

 

そして、描きたい画風を追及していこうと心に決めました。

 

描きたくない画風の絵を描いたこともありましたが、もうつまらない生き方は辞めました。

 

これからは心の中の全てを絵に投影していこうと思います。

 

 

 

 

鉛筆での人物模写

趣味で人物の模写もしています。私は鉛筆、色鉛筆の素朴さが大好きです。

 

 

 

 

少し前に「人物画創造所」という無料の作品添削を開始しました。初級者の方は経験者に聞いてしまうのが一番上達が早いです。私の経験からも明らかです。

 

 

私は今までの画家生活で色々な・・・色々な画材に中途半端に手を出してきてしまいました。

 

アクリル、アクリルガッシュ、水彩、油絵、つけペン、ミリペン、鉛筆、色鉛筆、デジタル(Photoshop、Illustrator)・・・

 

非常に遠回りをしてきました。

 

しかし数年前からようやく「自分には鉛筆が一番合っている」と思うようになり、人物をメインに鉛筆画を描くようになりました。

鉛筆は全ての画材に通じる基本中の基本となる画材です。扱いやすく、光や影も描きやすいし、すぐに消せます。

 

一番単純な画材であり、この「単純さ」が鉛筆の一番良いところだと私は考えています。

 

私はこれからも鉛筆という素朴な画材で「自分の絵」というものを追及しつつ、画家活動というものを豊かにしていこうと考えています。

 

今後の展望

 

私の絵は一言で言えば「奇妙な人物画」ということになるのだと思います。

 

ただ・・・「奇妙な絵」となると日本ではほぼ需要がありません。

 

日本では「花鳥風月」の絵画や「ほのぼの可愛い系」のイラストに需要が集まります。

 

作品として素晴らしく温かみを感じるものもたくさんあるとは思いますが、

 

そればかりが日の目を浴びて評価されている現状に、少し疲れてしまう時があります。

 

もっと突き抜けた絵の分野もどんどん評価されて良い時代なのではないかと考えてしまいます。

 

確かに日本では奇妙な絵を家に飾りたいと思う人はほぼいないと思います。それはわかります。

 

さらに日本は年々、社会全体が秩序立った正しい方向に向かっていますし、「きれいなもの」「ここちよいもの」以外を排除するような傾向が強まっていることは確かです。

 

それはそれで仕方のないことだと思います。

 

しかし、それならばなおさらアートぐらいはどんどん突き抜けていく方向に向かっていっても良いのではないかと強く思うのです。

 

言わばアートはただの「娯楽」なのですから。

 

 

「娯楽」までが型にはまってしまったらつまらなすぎます。

 

 

海外を見てみると、奇妙な絵や一風変わったおかしな絵の収集家が数多くいるというのも事実ですし、一定数の需要があります。

 

この違いは「普段から様々なジャンルの絵を目にする機会があるか、ないか」つまり「見る側に予備知識、免疫があるか、ないか」の違いだと私は考えています。

 

欧米ではそもそも小さい頃からの鑑賞教育もありますし、アートへの関心が強いです。

 

それに比べると日本ではアートへの関心が格段に下がります。まあこれも周知の事実だとは思いますが。

 

 

そこで、「奇妙な絵」、「おかしな絵」、「何だこれ・・・と見る人が引いてしまうぐらいの絵」こういった作品がもっと世の人の目に触れる機会が増えれば、

 

少なからず見る側に新鮮なインプットを与え、今まで日本人の思考回路には無かった「不快なものの向こう側を少しのぞいてみるかな」という好奇心を刺激することにもつながるのではないかと考えています。

 

そうなれば「奇妙な絵」という分野が多少は認知されるきっかけにもなり得るのではないかと思うのです。

 

 

そこで、いつの日か奇妙な絵だけで彩った「奇妙画展」というグループ展を皆さんと開催できればなと考えています。

 

見る人が引いてしまうぐらいのグループ展にできればなあと考えています。

 

詳しい策はまだまだこれから・・・ということになってしまいますが。

 

 

そういった「奇妙な絵の普及」も今後の展望として考えています。