鉛筆画コミュニティ【鉛筆画製造所】冬頃始動予定

画家 Keigo N

画家のKeigo Nです。
主に鉛筆、色鉛筆を使って人物画を描いています。

 

 

 

昔は本当に絵が下手でした。19歳の時ですらこんな絵を描いて結構満足していました。

 

 

 

私は29歳から夜間の絵の専門学校に通い始めたのですが、それまでは、絵は好きでもあくまで趣味としてとらえていました。

 

しかし、29歳の時、仕事で地獄を見て以来、限りある人生、好きな道を選ぼうと考え絵の道を志すことを決めました。

 

そして、描きたい画風を追及していこうと心に決めました。

 

描きたくない画風の絵を描いたこともありましたが、もうつまらない生き方は辞めました。

 

 

画風について・・・

私の絵は「不思議な絵だ・・・」とよく言われます。

 

 

私は昔から「夢」をよく見る性分でした。

 

一日に何話も見ることもあり、精神状態によっては「悪夢」を見ることも度々ありました。

 

 

そして決まって夢に出てくるのが「奇妙な人物」達でした。

 

 

寂しげな表情をした老婆・・・

 

 

うつむき加減の少女・・・

 

 

こういった「奇妙な人物」たちは,毎回私に何か言いたそうな表情、素振りを見せては、私が近づくとすーっと消えていなくなってしまいます・・・。

 

私のその時の何かの精神状態の現れなのか・・・よくわかりませんが儚く消えていってしまいます・・・。

 

 

 

私はこういった「夢で出会う人物」達を普段からライフワークとしている「絵」に残し、記憶に留めておこうと思うようになりました。

 

そして徐々に私の中で色々なものが淘汰されていき、今現在の画風が確立されました。

 

 

 

鉛筆画コミュニティ「鉛筆画製造所」理念1

冒頭でも述べたように私は今まで「鉛筆」という画材を好んで絵を描いてきました。

 

鉛筆は全ての画材に通じる基本中の基本となる画材です。扱いやすく光、影も描きやすいし、すぐに消せます。

 

一番単純な画材であり、この「単純さ」が鉛筆の一番良いところだと私は考えています。

 

そして鉛筆で描けるようになれば、他の画材でも応用が利くようになります。もちろん努力は必要ですが。

 

それほど鉛筆は「絵の軸となる画材」ということが言えると思います。

 

 

私は絵描き人生の大部分を「鉛筆画」に費やしてきました。

 

「うまく描けない・・・」と悩み行き詰ったことも何度もありましたが、その度に自分で模索しながら納得のいく解決策を見つけてきました。

 

 

 

例えば、

 

「鉛筆でリアルな髪を描くには、どう描けば自然か・・・どういったことに注意すべきか・・・何をやってはいけないか・・・」

 

というポイントを自分で探り当てながら描いてきました。以外と参考書ではザックリの初歩的なことしか書いていないことが多いです。

 

 

 

リアルな髪の毛を描く上でやってはいけないことは「消しゴムで消す」という作業です。

 

まだ描き始めの段階ならまだしも、中盤以降に消しゴムで消してしまうと物凄く不自然な消し跡が残ってしまい後々、髪の流れに多大な違和感が出てしまうからです。従って、慎重に色を乗せていくことが重要です。

 

ちなみに詳しい描き方の手順は以下の記事でまとめています。

 

 

また「ヒビがはいったリアルな人の顔を描きたい・・・」という時も、もし実際そういう人物がいたら・・・ということを想像して試行錯誤しながら描いてきました。

詳しい描き方の手順はこちらの記事でまとめています。

 

また違う例で、

「ちょっと気持ち悪い垂れ下がった腸のような物を描きたい」となった時、例えば絵画教室等では中々聞きづらいものがありますし、時間の制限もあります。

 

そんな時、私なら下のようなイメージで腸を描き、ある程度描き方の手順も教えることができると思います。

ちなみに描き方の手順はこちらの記事でまとめています。

 

 

「こうやって描けば、こういう風に見える」という技術を11年間という絵描き人生で少なからず養ってきたつもりです。

 

 

そして、これらの今まで培ってきた技術を、

 

「こういうものを描きたいのに描けない・・・」と苦しんでいる絵の初級者の人たちに向けて発信していくことで、画力向上の為に少しでも役立ててもらえればと考えるようになりました。

 

そこで鉛筆画コミュニティ「鉛筆画製造所」を立ち上げ、メルマガにて有益な情報を皆さんに配信していこうと考えています。

 

冬頃、始動予定です。

 

 

 

あくまでデッサン的要素に重きを置くわけではなく、

 

「ちょっとした描き方だけどそれが知りたかった!」

「すぐ実践できる描き方のコツ」

「自分の絵のスタイルにすぐ取り入れられる描き方」

 

といった、即効性のある実践型の「鉛筆画の描き方」

をメインに、

 

「鉛筆画に使う道具について」

「鉛筆画に関わらず斬新な面白い描き方」

「その他、絵全般に関わる有益な情報」

 

を不定期ではありますがメルマガにて配信していく予定です。

※いずれ「リアルな色鉛筆画」の情報も発信していきます。

 

 

絵の上達を考えると「絵画教室に通う」「オンライン絵画教室を受講する」という方法も素晴らしい選択肢だと思います。

 

私も過去に絵画教室に通っていましたし、この文章を書いている今、アクリルのオンライン絵画教室を受講しています。

 

 

ただ「教室」となるとある程度授業のカリキュラムも決められていて、時間の制限もありますし、プライベートの絵の質問となると中々聞きずらいこともでてくると思います。

 

 

そんな時に鉛筆画コミュニティ「鉛筆画製造所」が絵画教室、オンライン絵画教室にプラスアルファで、

 

「かゆい所に手が届くような存在」になれたら理想的だと感じています。

 

従って皆さんからの鉛筆画についての悩み、質問、軽い作品の添削にも答え、少しでも問題解決に役立てたらと考えています。

 

 

それが鉛筆画コミュニティ「鉛筆画製造所」の第一の理念となります。

 

 

 

鉛筆画コミュニティ「鉛筆画製造所」理念2

私の絵は一言で言えば「奇妙な人物画」ということになるのだと思います。

 

ただ・・・「奇妙な絵」となると日本ではほぼ需要がありません。

 

日本では「花鳥風月」の絵画や「ほのぼの可愛い系」のイラストに需要が集まります。

 

作品として素晴らしく温かみを感じるものもたくさんあるとは思いますが、そればかりが日の目を浴びて評価されている現状に、少し疲れてしまう時があります。

 

 

もっと突き抜けた絵の分野もどんどん評価されて良い時代なのではないかと考えてしまいます。

 

 

確かに日本では奇妙な絵を家に飾りたいと思う人はほぼいないと思います。それはわかります。

 

さらに日本は年々、社会全体が秩序立った正しい方向に向かっていますし、「きれいなもの」「ここちよいもの」以外を排除するような傾向が強まっていることは確かです。それはそれで仕方のないことだと思います。

 

しかし、それならばなおさらアートぐらいはどんどん突き抜けていく方向に向かっていっても良いのではないかと強く思うのです。

 

言わばアートはただの「娯楽」なのですから。

 

 

「娯楽」までが型にはまってしまったらつまらなすぎます。

 

 

 

海外を見てみると、奇妙な絵や一風変わったおかしな絵の収集家が数多くいるというのも事実ですし、一定数の需要があります。

 

この違いは「普段から様々なジャンルの絵を目にする機会があるか、ないか」つまり「見る側に予備知識、免疫があるか、ないか」の違いだと私は考えています。

 

欧米ではそもそもアートへの関心が強いです。それに比べると日本ではアートへの関心が格段に下がります。まあこれも周知の事実だとは思いますが。

 

 

 

そこで、「奇妙な絵」、「おかしな絵」、「何だこれ・・・と見る人が引いてしまうぐらいの絵」こういった作品がもっと世の人の目に触れる機会が増えれば、少なからず見る側に新鮮なインプットを与え、今まで日本人の思考回路には無かった「不快なものの向こう側を少しのぞいてみるかな」という好奇心を刺激することにもつながるのではないかと考えています。

 

そうなれば「奇妙な絵」という分野が多少は認知されるきっかけにもなり得るのではないかと思うのです。

 

その為にはまず私自信がもっと、

 

「奇妙な絵が好きだ」という人たち、または単純に「奇妙な何か・・・」が好きでたまらないという人たちと交流を持ち、情報交換が持てる場を作ることができれば、より一層「奇妙なアート」の道が開けるのではないかと感じるようになりました。

 

そこで、鉛筆画コミュニティ「鉛筆画製造所」のメンバーが増えてきたタイミングでfacebookにて、

 

 

「奇妙画創造所」

 

 

というグループを発足し、普段、日の目を浴びない奇妙な絵を描いている人たちとの集いの場にしていきたいと考えています。

 

 

いずれ、近い将来、皆さんと一緒に「奇妙画」のグループ展などを開催できれば幸いです。

 

そういった「奇妙なアートの普及」第二の理念として考えています。